大会観戦(概要)

地区大会の入場・観戦は無料です

  • 入退場は自由です
  • 事前の予約・申請は必要ありません

観戦マナーに注意

  • 安全にご注意ください
  • 観戦マナーをお守りください
  • アナウンス・スタッフの指示に従ってください
  • 詳細はこちら(準備中)

日程・アクセス・スケジュールは各地区のページを確認してください

 

大まかな一日の流れ

午前
  • 会場がオープンし、選手が受付を行います
  • 初心者講習会を開催予定です
  • 開会挨拶のあと、フリースタイル各A部門の予選が行われます
  • 規定トリック・アドバンスド部門が行われます
午後
  • フリースタイル各A部門の予選通過者が発表されます
  • 規定トリック・ベーシック部門が行われます
  • フリースタイルB部門が行われます
  • フリースタイル各A部門の決勝が行われます
  • 結果発表・表彰・閉会の挨拶
  • 時間に余裕があれば交流時間を設けることもあります

 

おおよそのタイムテーブル

以下のタイムテーブルは目安です。

事前参加締め切り後、各地区大会のスケジュールを公開しますので、必ず各地区大会のページにて詳細を確認してください。

9:00 スタッフ入場
10:00 開場・受付・曲提出・初心者講習会
10:20 開会挨拶・注意事項案内
10:30 各A部門予選
12:00 アドバンスド部門
12:30 お昼休み
13:20 予選結果発表(決勝用曲提出開始)
13:30 ベーシック部門
14:00 B部門
14:30 A部門決勝
17:00 結果発表・表彰
17:30 終了・閉場・片付け
18:30 スタッフ解散

各競技の紹介

フリースタイル競技

音楽に合わせて、多彩なヨーヨーのトリック(技)を自由に演技する競技です。審査員は、難易度や成功度合、パフォーマンスを採点します。(使用する楽曲は選手が選択します。)

style-icon

トリックや使うヨーヨーの数・種類によって、1Aから5A部門まで5つの部門に分かれています。それぞれ全く異なるスタイルで、水泳の「クロール」や「平泳ぎ」、体操の「ゆか」「鉄棒」のように、それぞれの部門間に優劣はなく、各部門で優勝者が決まります。

地区大会では、予選で1分の演技を行い、上位の選手が、決勝で3分の演技を行います。

また、地区大会の優勝者には、全国大会の決勝へのシード権が与えられ、各部門の上位10名には、全国大会の参加権が与えられます。そして、全国大会で優勝すると、世界大会に日本の代表として準決勝より参加することになります。

2017年より、ビギナー~中級者向けのフリースタイルB部門が開設されました。B部門では、出場者が自分の得意なスタイルを1つ選択し、部門混合で、1分間の演技により競技が行われます。(予選はありません。)

規定トリック競技

ひとつひとつのトリックをミスなく順番に演技し、成否を競う部門です。一度のミスで順位が大きく変わる、緊張感のある競技です。ビギナー向けのベーシック部門、上級者向けのアドバンスド部門があります。

 

(2019.11.13 更新)